FC2ブログ

最近のもやもや

最近、からだを動かすことが楽しくてしょうがない。
そうすると、頭で考えることがとっても嫌になってきた。
なんで??

困るんですけど。。仕事をするのに頭使うんですけど。
しかもなーんにもしたくなくてぼーっとしちゃうし。なんだこれ。

生きてること、楽しめてないかも。生かされているありがたさ、
感じてないのかも。

困った。

スポンサーサイト



出会う目的。


最近、あえていろんなコミュニティに顔を出すようにしてみた。

そうすると、自分のコミュニケーション力や、
giveできる情報量の不足を痛烈に感じることができる。

でも一方で人との関わりを濃く持っている人たちが
すぐそばにいて直接会話できるので、

「ふむふむ、こうすると次につながるんだな」 とか
「こういう情報を持っていれば喜んでもらえるんだな」 とか、

非常に勉強になる。

今まで、こういった集まりに参加しても、
ついオトコを探してしまい、目当てがいないとがっかり。

そうすると会への参加意欲も減退。

結果、有意義な時間を過ごすこともできないし
提供することもできない。

もったいない。

っていうサイクルになってた。

でも、最近はちょっとした変化が。
「目的」が違ってきた。

今まで忙しさにかまけてあんまり考えなかったけど、
「独立する」ということ。

入社当時は、将来起業することを胸に秘めていたけど、
忙しく過ごすことを優先してしまって、
ちゃんと考えること、行動することができてなかった。

ぼんやりと妄想はしていたけど、「現実世界」まで
ダウンロードできてなかった。

最近は、そういった会に参加することで
「○○社の私」ではなく、「職業=私」の状態で
コミュニケーションしている。

商材がない、提供できる情報もない、人脈もない状態で
心苦しい点ばかりだけど、もらった分以上に絶対に帰そうと思って、
今はみなさまからもらえるリソースを無心している。

無心しながらも、何か少しでもできることはないか?を
頭フル回転で考えている。

まずはみんなが「面倒くさーい」って思うようなことを
率先してとりにいくことから。

感謝してもらえる機会を自ら作りにいってる。

きっと「サービス(ビジネス)」は感謝に対する対価で生まれる。
だから自分ができることから感謝を生み出して
「独立」のための検討材料としたい。


こういう考えを持てるようになってから
視点が全然ちがってきた。

「参加させてもらって申し訳ない」っていう腰掛キャラから、
「なんでもやります!やらせてください!」ていう前のめりキャラに。

いいじゃないか、私。



やりたいこととやるべきこととやれること


年をとり、大人になって、
好きなことと嫌いなこと以上に複雑にものごとを
区別するようになりました。

また、ブラックコーヒーも好きになってしまい、
おっさん化がとまりません。

中高生のころに悩んでいたことはある程度対応力によって
カバーできるようにはなってきたけど、
悩み自体は根絶できず、さらに悩み続けることによってどんどん深化していってます。

このままだと悟りを開きそう。

はぁ。

こないだ、ものすごく清いものに触れました。
「もうそろそろ、清い行為をしてもいいんでない?」という
アドバイスによって開眼した人とその人の発言、表情。

むくむくとこみあがる劣等感。。


私、「良いものアレルギー」を持ってるのかしら?

清い雰囲気になるととたんに疎外感を感じ始める。

結婚式の披露宴とか、良いことを考える会とか、
エコ活動とか慈善活動とか、そういう「愛」あふれる空間全般、
なんかだめ。

好きだし感動もできるんだけど、
「そこにいてはいけない感」。

私は私をけがらわしい存在として認識しているんだろうな。

相手を傷つけたくない、残念がらせたくないから
がっかりするだろう言葉は極力慎むし、
多少ぼやかして伝えるし。

逆に、喜んでもらえそうな言葉を選んで発言してしまっているので、
本音とは違うことも平気で言ったりしてる。
ぎりぎり嘘にならない範囲で。

そういう自分を自分で認知してるから、
「けがらわしいもの」っていう認識になっちゃうのかなぁ。

案外ひとってそんなもんで、
私は潔癖すぎるのかなぁ。

もっとはっきりと好き嫌いや自身の考えをアウトプットできるように
訓練したい。

それと、「喜んでるんだし、いいや!」ってな感じで、
自分を許容してあげる言葉を自分にかけてあげたい。

どんなけどMなの?ってくらい、
一人でいるときに自分にかける言葉は
「攻め」のセリフが多いような気がする

そんな自己催眠はいやだ~

これから4月に向けて、
栄養豊富な言葉を心がけるようにしてすごそう。

KPIは自分の表情。
ふと鏡にうつった自分の表情。



恋のもやもや到来か!?

前回の日記を思いを伝えるぞ!という
前向きな気持ちで締めてから一定期間がたちました。

状況?特に変わっていない。

告白もしていないし、彼氏もできていない。

そういう意味ではなんにも変ってない。

でも、かれこれ1年間くらいちょいちょいある男性と
少し関係が変わってきたような気がする。

というか、先方の私に対するとらえ方が
変わってきたというか、うん、
好かれている気がするっていうか。

そういう風にとらえることができるセリフを
とくにここ最近言われているような気がする。

「(前置きが長くなってもじもじしながら)あのときかなりかわいかった」とか
「もともと(私のようなタイプが)好き」とか。

ふと入ったカフェで隣の男女ペアの間で
こんな会話がなされてたら
「ん?口説いているのか??」と思って耳をそばだててしまいそう。

あぁ、どうしよう。
そうなんだよねー。嫌いじゃない、「好き」の部類にはいっちゃうのよねー。
でも、それ以上に守りたいものがあるからそっちに進めないのよねー。

どうしようもないからどうもしないでおく、という選択。
これ、期限決めたほうがいいかな。


今年のテーマは愛なので。

お別れをして、男女ともにハッピーになるカップルがいる。
お互い、憑き物が落ちたように軽やかな雰囲気に。

それって、お別れパターンとしては最もハッピーエンドなシチュエーション。
お互いにとって良い選択ができた、ということ。

まぁ、つまり、男女とも次のお相手が見つかって、
よりハッピーになっちゃった、っていうオチなんだけど、
まぁ、いいじゃないか。

不思議なもんや。

ずーっと長く付き合って、結婚するカップルもあれば、
未練をもってお別れして、時が経ってお互いのタイミングが合って
ヨリを戻したり。

つまり、周囲にステキな男性がいた場合、
たとえ彼女がいたとしても特に気にする必要ないってことね。

思いが重くなければ、告白されるほうは嬉しいはずだし。

伝えることが重要。

きっかけ作って伝えよう。
うん、そうしよう。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR